2005年03月16日

みんなのためのルールブック-あたりまえだけど大切なこと-

ずいぶん前から有名な本です。しかし、いまだに本屋さんのランキング上位です。

「みんなのためのルールブック」は、アメリカのある小学校の先生が書いた本「あたりまえだけど大切なこと」の子ども用の本です。

読み仮名がふってあったりイラストがあったりと小学生が読めるようになっています。

どちらも「〜のときは、〜しよう」というような50のルールがあります。
1週間に1つずつ、もしくは1ヶ月に1つずつ家族みんなで取り組んでみてもいいかもしれません。

実は、この2つの本には、本の少し違いがあります。

2つをよく読み比べるとわかるのですが、子ども用の「○○を持ってきてはいけない」というルールは、大人用では違うニュアンスで書かれています。

さぁ、両方持っている方は、比べてみましょう。
持っていない方は、本屋さんへGO!


posted by フォスターユース at 21:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 子育てと本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバック、ありがとうございました。「みんなのためのルールブック」は知りませんでした。「あたりまえだけど、とても大切なこと」と併せて読んでみようと思います。
Posted by sasa at 2005年03月18日 09:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2446613

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。