2005年03月14日

世界一受けたい授業

世界一受けたい授業で「国語なぞなぞ」と「声に出して読みたい日本語」をやっていました。

最近、本屋さんにいっても、日本語の価値を見直す本や、ただしい言葉遣いの本が増えていますね。

小学生を含めたメディアの世代にとって、「文字」は「映像」よりもわかりにくいもの。
文字を読まなくなった世代です。

テレビの影響で、本を読まなくなったといわれていますが、テレビの中で本に興味を持つような番組があるといいですね。
子供とメディアのいい関係といえるのではないでしょうか。

NHKの教育番組みたいに、テキストと番組の内容が連動すると より効果的だと思うのですが、視聴率優先になっている状況ではなかなか実現されなさそうです。

さっそく本屋さんで、探して立ち読み。
いろんなテキストがあって、面白かったです。
一つ買ってみました。







>>>ブログを応援1クリック!<<<
アクセス.bmp
人気blogランキング

【関連する記事】
posted by フォスターユース at 21:19| Comment(0) | TrackBack(1) | こどもとテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2414863

この記事へのトラックバック

1月15日放送:世界一受けたい授業!! 斉藤孝の脳内超整理術
Excerpt: 母親が送ってきたビデオの中に1月15日放送の「世界一受けたい授業!!」があった。その回には「声に出して読みたい日本語」の著者として知られている斉藤孝明治大学教授が出演していた。『“脳の超整理術”三色ボ..
Weblog: We Believe
Tracked: 2005-03-22 05:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。