2005年03月16日

みんなのためのルールブック-あたりまえだけど大切なこと-

ずいぶん前から有名な本です。しかし、いまだに本屋さんのランキング上位です。

「みんなのためのルールブック」は、アメリカのある小学校の先生が書いた本「あたりまえだけど大切なこと」の子ども用の本です。

読み仮名がふってあったりイラストがあったりと小学生が読めるようになっています。

どちらも「〜のときは、〜しよう」というような50のルールがあります。
1週間に1つずつ、もしくは1ヶ月に1つずつ家族みんなで取り組んでみてもいいかもしれません。

実は、この2つの本には、本の少し違いがあります。

続きを読む
posted by フォスターユース at 21:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 子育てと本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。